パウチタイプ袋入りエンジンオイル0W-20をホンダN-ONEに使ってみた

オイルを軽量カップで計る

ホームセンターなどで販売している車用のエンジンオイルは缶入りがほとんどです。

そんななか、最近ではパウチタイプの袋に入ったオイルが1リットル単位で売られてます。

袋入り車用低粘度オイル0W-20

購入したのは某ホームセンターのブランドから販売されている省燃費車向け低粘度エンジンオイルの0W-20。

パウチタイプ袋入りエンジンオイル

1袋1リットルを3袋用意しました。

価格的には、缶入りで3リットルを一つ購入したほうが安上がりではありますが、袋入りでは交換に使用した余りを保管しておけば次は2袋だけ買えば済みます。

交換作業の実施

作業はいつも通りに、ドレンプラグから古いオイルを排出して、今回はフィルターも新品にします。

オイルで汚れたエンジン

フィルターを外すとエンジンの底にあたる部分が派手に汚れます。

オイルを軽量カップで計る

初のパウチタイプの容器なので、まじめにカップに移して計量してみました。

量は1Lより少し多め

50mlほど多めには入っていそうですが使ったカップが安物ですので本当に目安程度になります。

色はノーマルな感じですね。

今回はフィルター交換を含むので2.6Lを使います。

3袋とも50mlずつ多いと仮定して2袋2.1Lと残り500ml(計2.6L)を計ってエンジン内に入れれば良い感じかと思います。

フィルターのゴムシールにオイルを塗布

フィルターのパッキンにオイルを薄く塗布。

用意したフィルターはアストロプロダクツのもの。

取り付け部を清掃する

エンジン内のオイルが排出しきったところで、シールの接触部の汚れを拭き取ります。

先にドレンプラグを取り付けトルクレンチで閉めます。

次にフィルターをネジの噛み合わせに注意しながらくるくる回していきます。

軽く取り付けてマーキング

フィルターが取り付け面に軽く着座したところで、回転角度が分かるようにマジックで印をしました。

締め付け後のフィルター

そこから、手で3/4回転回して閉めこみ、かつ緩すぎないか確認します。

500ml分を計量

あとは、オイルの注入口から2袋分をエンジン内にそそぎ込んだところで500ml分を計量。

エンジン内へオイルを注入

約2.6Lを入れ終わったところでキャップをしエンジンをかけてみます。

とくに異音もなく良好にアイドリングできました。

ゲージに付いたオイルは適正

ゲージについた新しいオイル

エンジンを停止してから、しばらく時間をおいてゲージでオイル量をチェックしてみたところ理想的な量に仕上がっていました。

袋入りエンジンオイルのメリット

パウチタイプの容器に入ったエンジンオイルは、特にオイルの性能に詳しい人でなければ中身で善し悪しの判断はつかないことでしょう。

缶入りが良いか袋入りがよいか、1Lずつ購入したい事情があるかが判断のしどころです。

また、住んでいる場所や自治体によって缶が捨てづらいとか?諸事情があればそれも決め手になるでしょう。

小さく丸めたオイルのパック

丸めた使用済みの容器

使用済みの袋の容器はスチールの缶と違い小さく丸めることができます。

もちろん、これのほうが処分に困るということもあり得るかもしれません。

それと、余りを別な用途に保管したいとか廃油を缶に戻してスタンドに持ち込むなどの場合は缶入り一択でしょう。

【車のエンジンオイル関連】

低粘度エンジンオイル0W-20の軽自動車用3L缶エンジンオイルを給油口から注ぐホンダN-ONE(エヌワン)エンジンオイル交換の作業手順N-ONEのオイルフィルター交換N-ONEのオイルフィルター交換は取り付け場所が親切すぎて簡単