N-ONEのマッドガードの留め具が外れたので社外品を使ってみた【amon:3816】

新しい留め具で固定されたマッドガード

少し前に気づいたのですが、ホンダN-ONEの左後タイヤハウスに取り付けられているマッドガードの留め具が1本外れて取り付けが不安定になっていました。

おそらく冬に凍った雪が付いた状態で走行していたことが原因かと思われます。

エーモンのプラスティリベット3816(ホンダ用5個入り)

外れた留め具も最近では簡単に購入できるのではと思い、調べてみるとエーモン(amon)からバンパー用と書かれたものが出ているのを見つけました。

amon:3816 プラスティリベット

ですが、バンパー用とはあってもマッドガードに使えるとは書かれていません。

規格を調べるにしても暑い中外に出て車の横でしゃがみこんで細かい作業をするのは面倒でしたので、このバンパー用というのを買ってみることにしました。

プラスティリベット3816ホンダ用となっていて数は5個入り。適合穴径:φ10.0、適合板厚:7.0~8.0mm、適合純正品番:91505-TM8-003だそうです。

留め具が外れたマッドガード

そんなわけで、実物を確認したのは注文したプラスティリベットが届いてからです。

マッドガードは、もう片方のリベットで辛うじて留まっていましたが、態勢がずれるとタイヤに擦れて異音を立てるので長く放置はできません。

留め具が外れたマッドガード

そして、いつまでもしゃがみこんでいるのが嫌なので、もう片方のプラスチックの留め具も外して検証することにします。

エヌワン左後輪タイヤハウスのマッドガード

外してきたのは、左後についていた黒のマッドガード。74485-T4G-という型番のような番号が入っていました。

右横が「-」で終わっているので続きがあるようですが、擦れて消えたのか読めません。

923L

左上あたりには923Lと書かれていました。Lは左という意味でしょうか。

純正の留め具と比較

エーモンのプラスティリベット

左がN-ONEの純正留め具

購入した新品のエーモン(amon)のプラスティリベットと取り外した純正品を並べて比較してみました。

ほぼ形は同じもののようですので使えそうです。

エーモン3816を差し込んだN-ONEマッドガード

5個入りということもあって、せっかくですので2か所とも新しいものを使い車に固定することにしました。

マッドガードの取付穴

右側はボケて大きく映ってますが同じ取付穴

タイヤハウスの取り付け部にマットガードを当て新しい留め具を押し込むと、カチッという感触とともにボディー側の穴にしっかりハマる感触がありました。

新しい留め具で固定されたマッドガード

元通り2か所で固定を終えると車体へもピッタリとハマっていてぐらつきはありません。

メーカーサイトやパッケージの表で確認すると、しっかりタイヤハウス(マッドガードではない)と書いてありました。ホンダ車バンパー用のプラスティリベットはN-ONEのマッドガードの固定にも使えるようです。

おすすめ記事

Nシリーズ軽自動車スマートキー電池交換Nシリーズ軽自動車スマートキーの電池交換【HONDA:N-ONE】N-ONEドラムブレーキ車の整備はDIYでどこまでできる?