エアコン取り外しに向けての冷媒回収作業

Lo側が0になったことを確認

使い古したエアコンを自分で取り外して処分したい。

または、エアコンを別な場所に移設する目的などで現在の設置場所から取り外すには、まず室内機に入っている冷媒ガスを室外機側へ回収する作業が必要になります。

※エアコンのガス回収については冷凍機及び高圧ガスの取り扱いに関する知識と作業の実経験が必要になります。実際の作業は専門業者へ依頼することをおすすめします。

入れ替えが決まったらガス回収

ルームエアコンの冷媒ガスを室外機に回収するためには、エアコンの冷房運転を使用します。

エアコンが古くなった、最近少し調子が悪いと分かった時点でガスの回収をしておかないと実際に壊れてしまってからでは冷媒ガスの回収を簡単にできなくなってしまうので注意が必要です。

なお、今回行った冷媒ガスの回収は設置当初に配管の延長などよるガスの補充を行っていない機器で標準のガス量のみ回収を実施しています。

ガス回収作業に必要なもの

エアコンの冷媒ガスを室外機に回収するには、室外機のバルブにあるカバーを外すためのスパナと、バルブを閉じる操作に六角レンチを使います。

ゲージマニホールド

他には、回収作業の経過や完全にガスが室外機側へ収まったことを確認するために専用のゲージマニホールドという工具が必要です。

冷媒ガス回収作業の手順

室外機にあるバルブ2カ所についているカバーをはずします。

ゲージマニホールドのバルブを全て閉じた状態でLow側にホースを繋ぎ、その先端を室外機のサービスポートへ接続します。

強制冷房運転で冷媒ガスを回収

エアコンを強制冷房運転

エアコンを強制冷房運転します。強制冷房のしかたは機種ごとの取扱説明書にしたがって行います。

ゲージマニホールドのLow側のバルブを開き運転圧力を確認しておきます。

ガス管側を先に閉じる

つづいて、室外機の送り側(液管)のバルブを閉じ室内機へ向かう冷媒ガスを遮断します。

Lo側が0になったことを確認

この状態でしばらく運転するとゲージの圧力が0になります。この状態で室内機から出ていた風が冷風から室温と同じ送風に切り替わっていればガスが室外機へ回収された状態です。

あとは室外機の戻り管(ガス管)のバルブも閉じてしまいます。

強制冷房をオフにしてエアコンの電源プラグをコンセントから抜きます。

室外機からゲージマニホールドのホースを外しバルブのカバーを元通り取り付けます。

これで冷媒ガスが全て室外機内へ閉じこめられた状態になり、エアコンの取り外しや移設が可能になります。